生活習慣と食生活の改善

首こりと生活習慣
首凝り、肩こりだけでなく、さまざまな病気、症状を解消するために欠かせないのが、「生活習慣・食生活」の改善です。


日頃からの生活習慣、食生活が首こり、肩凝りの症状を悪化させていることもありますので、マッサージ、整体、カイロプラクティックなどだけに頼るのではなく、一度、生活習慣、食生活を見直してみてはいかがですか?


 生活習慣と姿勢の改善



首こり、肩凝りはある日突然なるのではなく、「日頃の姿勢」が原因になっていることが多々あります。


首コリ、肩こりのもっとも大きな原因は「血液循環の悪化による筋肉の硬直」ですが、長時間同じ姿勢で作業を行ったり、悪姿勢で長期間過ごしたりすると、血液の循環が悪化しますので、首こりに繋がってしまうのです。


ですので、首凝り、肩コリを解消、治療していくには、まずは悪姿勢になっていないか?毎日長時間同じ姿勢で過ごしていないかをチェックし、思い当たる場合はその姿勢を改善していかなくてはなりません。


具体的には・・・


デスクワークなどの仕事をしている方は、椅子に深く腰をかけ、前傾姿勢にならないように心がけ、定期的に休憩して体を動かす(最低でも1時間に1回)。


猫背などの方は意識的に胸を張って、背筋を真っ直ぐに保つように心がける。


整体、カイロプラクティックなどで姿勢矯正を行ってもらう。


など・・・


 食生活



首コリ、肩こりは「血液循環の悪化」が大きな原因ですので、悪化した血液の循環を改善させることで、首こり、肩凝りが軽減、解消していくことが期待できます。


そこで効果的なのは日頃からの食生活です。欧米化した肉類中心の食生活は血液をドロドロとし、血液の循環が悪くなりますので、以下のようなできるだけ血液がサラサラになる食品を積極的に摂りたいものです。


■血液サラサラ食品血液サラサラ食材


・大豆(納豆、豆腐)
・野菜(特にタマネギ)
・果物(特にリンゴ、グァバ)
・魚介類(特に青魚)
・酢(黒酢)


上記の食品は血液をサラサラにする効果があるといわれていますので、首こり、肩こりにも効果的な食品といえますね。


 ストレス解消



首凝り、肩こりだけでなく、さまざまな病気、症状の原因となっている「ストレス」。


ストレスを溜めない生活、溜まったストレスを解消することはとても難しいのも確かですが、それでも睡眠時間を確保したり、週末には軽い運動をするなどして、日頃から少しでもストレスを軽減するように心がけることが大切ですよ。



スポンサードリンク